So-net無料ブログ作成
検索選択

『黒執事 Book of Circus』第9話 [アニメ]

第9話「その執事、従容」

ファントムハイヴ家に足を踏み入れた者は、二度と光の場所へは戻れない。

KBC9-1.jpg
サーカス団の襲撃を迎え撃つファントムハイヴ家の使用人たち。
シエルセバスチャンが選んだ彼らは、ただの使用人ではなくファントムハイヴ家の秘密と誇りを守る私兵なのだ。

KBC9-2.jpg
フィニメイリンによって、侵入したサーカス団はビーストダガーだけとなった。
メイリンとフィニに、厨房に追い詰められた二人。
それを待ち構えていたバルドの機関銃の攻撃に、ビーストを庇ってダガーが死亡。
激怒したビーストが鞭を振って攻撃するが、これがバルドの狙いだった。
彼女の鞭が小麦粉の袋を破り、粉じん爆弾のお膳立てを作ってしまったのだ。


KBC9-3.jpg
セバスチャンがいると思ってファントムハイヴ家に来たグレル
サーカス団のシネマティックレコードを回収することはできた。
が、セバスチャンがビーストと関係しているのが分かりショックを受ける。


一方、ケルヴィン男爵邸では、サーカス団の専属医が登場。
なんとこの男、車椅子を使用していたのは偽装だった。

KBC9-4.jpg
サーカス団の義肢は、誘拐した子供たちの骨から作っていたのだ。
その事実を知ってショックを受けるジョーカー

ケルヴィン男爵よりも最低なのは、誘拐した子供の人骨を使うことに何の躊躇いもない事。
良い義肢を作るための研究なんだからと、まったく罪の意識がない。
医師によって過去の嫌な思い出が甦り、取り乱すシエル。
シエルはセバスチャンに医師とケルヴィン男爵を殺せと命令。
そして全てを燃やせと命じるのだった。



使用人たちの活躍が見れて良かった。
ケルヴィン男爵は最低でしたが、それ以上に最低だったのが医師でした。











黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)

黒執事(14) (Gファンタジーコミックス)

  • 作者: 枢 やな
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: コミック


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。