So-net無料ブログ作成

『GOSICK-ゴシック-』第22話 [アニメ]

第22話「クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る」

怪物とうさぎは一心同体、うさぎを殺せば怪物も死ぬ。
予言が現実になろうとしている。

G22-1.jpg


セシル先生が以前、パーティーで使用したうさぎの着ぐるみを一弥に渡す。
そのうさぎの着ぐるみはモンストル・シャルマンというおとぎ話に出てくるウサギがモチーフ。

少女の姿をした怪物の傍らに、彼女のために働くうさぎが居た。
人々に人気のあった怪物を、権力者たちは力の証として手に入れようとした。
権力者たちは怪物を守ろうとしたうさぎを殺し、これで怪物が手に入ると思った。
しかし怪物は死んでいた。うさぎは怪物の心臓だった。

うさぎの着ぐるみを一弥に、怪物のドレスをヴィクトリカへと渡すセシル先生。
ドレスを受け取りヴィクトリカの元へ喜んで行く一弥。
残されたアブリルを慌ててセシル先生はホローするけど…可哀相。

G22-2.jpg
おやつを食べすぎて太った?(蹴)

セシル先生から借りた衣装を着たヴィクトリカと一弥は、パーティー会場へ。
普段は恐れられている黒い死神も金色の妖精も、衣装を纏うとみんな気安く声を掛ける。
ダンスを踊り、プレゼントを貰う。
一弥が選んだのは、ヴィクトリカがコルデリアから貰った指輪。
一弥もヴィクトリカにプレゼントを渡そうと取りに行くと…強制送還。

世界が戦争へと流れるなか、異国から来た者たちは自国へ送り帰そうとする政府。
このまま予言のようにヴィクトリカと離れ離れになってしまうのは嫌だ。
隙を突いて、一弥は逃げ出す。

G22-4.jpg
ルイジに助けられた一弥は、街に現れたうさぎの被り物をした人たちを目撃する。
うさぎ軍団は戦争をしたがっていて、戦争を避けたい政府に鉄槌を下そうとしている。
胸騒ぎがする一弥は、一刻も早くヴィクトリカに会いたかった。
で、ジャクリーヌグレヴィールにお願いして、助けてもらうことになったが…


ブロワ侯爵の命令で、グレヴィールは一弥を人質に、ヴィクトリカに協力するよう迫る。
自分が人質だと気付いていない一弥(イタタタタ)
ヴィクトリカは一弥を守るために、オカルト省に手を貸すことをOKする。



やはり父親に逆らえなかったグレヴィール(情けない)
ヴィクトリカをモンストル・シャルマンに祭り上げ、戦争を起こそうとしている。
一弥と引き離されたヴィクトリカが、大声を上げて泣く姿は切なかった。
思わず涙がじわわ~(T_T)





GOSICK-ゴシック-DVD特装版 第3巻

GOSICK-ゴシック-DVD特装版 第3巻

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD


GOSICK スポーツタオル

GOSICK スポーツタオル

  • 出版社/メーカー: キャラアニ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

 

タグ:アニメ GOSICK
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。