So-net無料ブログ作成

2012F1中国GP決勝結果 [F1GP]

中国GPの決勝が終わりました。
タイヤに翻弄されたレース。


隔週刊 公式フェラーリF1コレクション 2012年 4/25号 [分冊百科]

隔週刊 公式フェラーリF1コレクション 2012年 4/25号 [分冊百科]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アシェット・コレクションズ・ジャパン
  • 発売日: 2012/04/11
  • メディア: 雑誌



 

ハミルトンがギアボックス交換で5グリット降格して、可夢偉が3番手からのスタート。
だったのですが、スタートで出遅れて順位を落とす。

7周目に、早くもウェバーがタイヤ交換。
10周目に可夢偉、ベッテルがタイヤ交換。
11周目にライコネンハミルトンがタイヤ交換でピットイン。
出ていく時に、ハミルトンがライコネンの前に出て順位を上げる。

12周目にバトン、次の周に2番手のシューマッハがタイヤ交換。
コースに戻ったシューマッハですが、タイヤをちゃんと装着しておらずリタイア。


22周にウェバーが2度目のタイヤ交換。
トップチームが早め早めにタイヤ交換する中、トップを走行するロズベルグは35周目。
タイヤに厳しいメルセデスが、トップチームよりタイヤ交換の回数を減らした作戦。
これが予想外の結果に。

タイヤが落ち込む前に交換するトップチーム。
タイヤに厳しいメルセデスがいち早くやることを、今回はしなかった。
意外に持ちが良く、タイムの落ち込みがなかった。
ライコネンも同じような作戦で上位に留まっていましたが、タイムが落ち込み後退。




決勝結果
優勝・ロズベルグ、2位バトン、3位ハミルトン、
4位ウェバー、5位ベッテル、6位グロジャン、
7位セナ、8位マルドナード、9位アロンソ、10位可夢偉



ロズベルグが初優勝!
やっと勝てました。
ロングランではダメだったメルセデスですが、今回はハマった。

可夢偉はスタートの遅れが全てでした。
あの遅れさえなければ、もっと上の順位だったかも。





F1 (エフワン) 速報 2012年 4/26号 [雑誌]

F1 (エフワン) 速報 2012年 4/26号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2012/04/19
  • メディア: 雑誌


McLaren F1 Team オフィシャルCAP 2012年ジェンソン・バトンモデル

McLaren F1 Team オフィシャルCAP 2012年ジェンソン・バトンモデル

  • 出版社/メーカー: McLaren
  • メディア: その他

 

タグ:F1 中国GP
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。