So-net無料ブログ作成

2013ブエルタ・ア・エスパーニャ 第1ステージ(チームTT) [サイクルロードレース]

3大ツールの最後を飾るブエルタが開幕しました。
グランツール初の、海に浮かぶ桟橋からのスタート。



ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)

ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2013/08/19
  • メディア: 大型本



今年のブエルタは、前年総合優勝したコンタドールは不参加。
ツールに出場したし、今年は不調ですしね。

コンタドールは不在ですが、総合を狙うメンバーは良い選手が揃いました。
ツール組でブエルタの総合を狙う、バルベルデロドリゲス
ジロを制したニ―バリの3人が、総合優勝の有力メンバーです。

他には、世界選手権を狙うからとツールをスキップしたカンチェッラーラ
ジロで活躍したペタンクール、ツールでコンタドールのアシストをしたクロイツィゲルなど。


今年のブエルタは山頂ゴールが11もアリ、クライマー向きとなっている。
ジロ同様、ブエルタの山岳はキツイので面白いレースが見れそうです。



第1ステージは4年連続でチームTTから始まった。
ツールでチームTTに勝ったオメガが暫定首位に立つが、世界選手権の個人TTを狙うカンツェッラーラ率いる、レディオシャックがオメガのタイムを上回り、暫定首位を奪う。
これで決まりかと思ったら、最後に出走したアスタナがレディオシャックのタイムを上回り、区間優勝となった。

ニ―バリ率いるアスタナは、ツールに出場したブライコヴィッチフグルサング、ジロで好成績だったカンゲルトがメンバーに入っていた。
良いメンバーが揃ってはいましたが、チームTTを制したのは予想外。
チーム内でトップにゴールしたブライコヴィッチが、リーダージャージのマイヨ・ロホを着ることになった。



エウスカルテルが解散。
ツールでも話題に上がりましたが、エウスカルテルがスポンサーを見つけられずに解散が決まったそうです。
最近はあまり活躍していませんでしたが、残念です。





栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術

栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術

  • 作者: 栗村 修
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2013/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 [DVD]

ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。