So-net無料ブログ作成

女警部ジュリー・レスコー(ファイナルシーズン) #93~#101 [海外ドラマ]

22年に亘って放送されてきたジュリー・レスコーが、遂にファイナルとなった。



女警部ジュリー・レスコー DVD-BOX 1

女警部ジュリー・レスコー DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィー・シー
  • メディア: DVD



本国フランスで、今年の1月に完結しました。
ファイナルシーズンの93話では、部下の女性刑事が代わりました。
しかしその部下も、100話に警視総監付きで異動して別の女性刑事がチームに入った。


99話の「別れ」は、当初からの出演でクレリエール署時代からの部下のモタが遺体で発見。
モタが殺されてしまう展開になるとは驚きです。
殺されたモタには汚職疑惑が浮上して、ジュリーは彼の汚名を晴らすために捜査する。

この回ではモタの葬儀に懐かしい人物たちが登場。
クレリエール署時代のジュリーの部下でモタの同僚の、カプラン、ゾラ(?)、エルー、クリステル
モタと過去に交際したことがあるゾラ(?)は、まったく昔と変わらない容姿でした。
漫才コンビのエルーとクリステルは、エルーが老けた。
最初、彼だと気付きませんでした。
女性陣は変わらないのに、男性陣は二人とも老けていたのでビックリ。


最終話では、64話以降登場していなかった次女のパブーが登場。
ジュリーには内緒で帰国して、社会運動の団体に所属していた。
パブーは、父親の葬儀に出席しなかった母に怒って反発する。
ジュリーは元夫の葬儀に出席しようとした、しかし義理の母が出席を拒んだのだ。
その事実を知らないパブーはジュリーを避ける。
という、母と娘の対立と葛藤が、事件も絡んで描かれました。

最終話に、家族三人が揃ったのは良い演出でした。
1年後のエピソードで、サラロランと結婚してジュリーに孫が出来ました。
孫を抱いて娘たちとの家族ショットでEND。
やはりジュリー・レスコーは、家族ショットで終わらないとね。







女警部ジュリー・レスコー DVD-BOX 2

女警部ジュリー・レスコー DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィー・シー
  • メディア: DVD



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。